薬剤師の給料に関する役立つ情報を紹介!

薬剤師転職サイトを利用して、給料アップを目指しましょう!

「薬剤師給料アップ作戦」では転職をお考えの薬剤師に向けてを支援サービスしてくれる薬剤師転職サイトをご紹介しています。

今の給料に満足していない方や、苦労して薬剤師になったのに、なかなか給料がアップしない・・・。とお悩みで転職を考えているという方は薬剤師転職サイトを利用して転職しましょう。薬剤師転職サイトには、転職のプロであるコンサルタントが在籍しています。そのコンサルタントがあなたの転職活動をサポートしてくれます。中でも嬉しいのが、面談時に給料や待遇など言いづらいような条件交渉を代行してくれるサービスです。これであなたの給料アップも間違いなしです!!

当サイトでもご紹介している【リクナビ薬剤師】は、求人数が業界でもTOPクラスを誇る人気薬剤師転職サイトです。リクナビ薬剤師を利用して転職した方はたくさんいますが、なんと97.3%の方が希望条件での転職ができたと答えています。大手企業リクルートグループの安心感と実績が豊富な「リクナビ薬剤師」を利用して給料を上げてみませんか!?

給料アップ転職の実績あり!薬剤師転職サイトはこれ!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 リクルートドクターズキャリア 詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 エムスリーキャリア株式会社 詳細
ヤクジョブ申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社メディカルリソース 詳細
ファルマスタッフ申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社グローアップ 詳細
ヤクステ申込みはこちら

薬剤師で給料アップしたい方へ

薬剤師の仕事は、多くの女性が活躍する職種の中でも同じ医療従事者として高給取りと言われている看護師と同等、もしくはそれ以上の給料をもらうことができる場合が多いと言われています。薬剤師の資格を取得するには、現在のところ、6年制の薬学部に通わなくてはいけなくなっているため、新卒者でも知識が豊富であるということもあって、初任給の相場自体も高くなっていると言われています。

薬剤師不足も取り沙汰されていますから、人員確保が難しく、給料を高めに設定してあるようです。そのため、平均的に見ても、仕事の内容に見合った年収がもらえていると言えるのではないでしょうか。しかしながら、これは地域差などもかなりあるため首都圏に比べると、地方の方が同じ薬剤師の仕事でもお給料の額は少なくなることが多いとされています。もちろん、それぞれの職場によって異なりますし、年齢や経験年数によって大きく左右される場合もありますから、一概には言えないところもあります。

ですが、薬剤師の給料は経験を積めば積むほどアップするとされていて、スキルアップができる職場へ転職をしていくということも給料をアップさせるための一つの方法であることは言うまでもありません。ただ、むやみやたらに転職をすればよいかといえば、実際にはそうではありません。では、自分のスキルや年齢に見合った評価と報酬をしっかりと受け取るためにはどうしたらいいのでしょうか。

それは、転職の方法を間違えないということです。転職の方法はいくつかありますが、給料面でのアップを重要視しているのであれば、転職エージェントを利用することをお勧めします。なぜ、転職エージェントなのかと言うと、転職エージェントは、無料の登録を済ませるだけで、自身の希望や条件に合った求人を探し出し、その情報を提供してくれるのです。

しかも、無料で利用できるにも関わらず、プロのキャリアコンサルタントが色々な面で転職のサポートをしてくれます。転職エージェントが提供するサポートの一つには、企業側との交渉があります。つまり、なかなか言いにくい給料アップの話も依頼をすれば、自分の代わりに交渉をして折り合いをつけられるよう尽力してくれるのです。個人として交渉しずらいことも率先してやってくれるわけですから、自分の希望や条件に合った仕事、又は、近い仕事に就ける可能性も高くなってきます。納得して、そして満足のいく転職活動をすることができるでしょう。

目指せ年収700万!成功のカギは転職支援サービス

<転職支援サービスを利用すれば年収700万円も夢じゃない!>
一般的な薬剤師の平均年収は、500万円ほどであると言われています。そのような中で、現実的に年収700万円を実現している人は多く存在します。実際に年収700万円を実現している人は、ドラッグストアや薬局では店長クラスであったり、調剤薬局など管理薬剤師のポジションに就いていたりするようです。また、製薬会社では約400〜800万円以上が年収の相場となっているので、700万円以上も十分可能であると言えます。

<自力で見つけるのは至難の業!>
このようにドラッグストアや薬局への転職を希望する場合、高年収を得るためには店長クラス、もしくは店長候補の求人である必要があります。また、製薬会社でも複数の求人がある中で、自分の転職希望条件に沿った内容での高年収求人である必要があります。

しかし、このような求人を自力で見つけるのは誰でも至難の業であると言えるでしょう。自力で探す際に頼るのは、ハローワークや求人雑誌、求人サイトの情報や、人からの紹介などに限られてきてしまうからです。すでに埋まってしまっている求人も多数存在しますし、応募者が殺到して審査が厳しく、合格率が低くなってしまうものもあります。

<高年収のカギは、転職支援サービスの利用にあり!>
では、年収700万を実現した薬剤師は、どのような方法でそのような高年収を勝ち得たのでしょうか。それは、転職支援サービスの利用に成功のカギがありそうです。

転職支援サービス利用のメリットとしては、とにかく転職エージェントによって非公開求人を紹介してもらえるところにあります。非公開求人とは、WEBサイト上や、他の求人媒体などに公開されていない求人です。言ってみれば、直接転職支援サイトに人募集の話が来ているという状況です。その非公開求人の中には、年収700万円に匹敵するようなおいしい求人が多いようです。

<みなさんも転職支援サービス利用してみませんか>
ほとんどの薬剤師転職支援サービスは、無料の会員登録を行うだけで、専属の転職コンサルタントが相談に応じてくれます。自分が次の求人で叶えたい条件も、転職コンサルタントが直接応募先に交渉してくれる場合もあるので、どこの転職活動よりも実現しやすいと言えるでしょう。お勧めの転職支援サービスを挙げますとやはり「リクナビ薬剤師」が出てきます。リクナビ薬剤師はすでに多くの人が利用し、成功事例も多数出ていますので、自分の理想の転職を叶えやすいと言えるでしょう。