横浜の薬剤師給料

横浜で働く薬剤師の給料相場はどれくらい!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

横浜市は大都市圏の中では薬剤師の給料相場が例外的に高い水準にあるエリアです。薬剤師のエリアごとの給料相場では基本的に人口が多いエリアほど水準が低くなる傾向が見られます。この点は看護師とも共通していますが、人手が足りているかどうか、需要と供給のバランスによって給料相場が決まる面が大きいため、人口規模が大きく薬剤師が不足しにくい大都市圏はどうしても条件の面で不利になってしまうのです。

そんな状況に対して横浜市を擁する神奈川県の平均年収は全国的に見てもなかなかの水準を維持しています。平成26年度の都道府県別の薬剤師年収ランキングでは556万円で18位。全国の薬剤師の平均年収が約530万円ほどといわれていますから、26万円ほど高く、純粋に数字だけを見ても恵まれています。

他の大都市を抱えるエリアの平均年収と比較してみると神奈川県がいかに恵まれた環境にあるかが窺えます。東京都は513万円で31位、埼玉県は500万円で33位。西日本では大阪府が493万円で39位、兵庫県にいたっては471万円で44位。どれも平均よりも下の水準に甘んじています。

このように横浜市の薬剤師は年収面に関しては恵まれた環境で働くことができるといえます。ただし、同じ水準にある地方都市に比べると職種・業種によって給料水準に差が生じやすい点も覚えておくべきでしょう。言い方を変えれば薬剤師の職場の選択肢が多彩で職場によって収入状況に大きな違いが見られるのです。

地方の場合、薬剤師の就職先に占める調剤薬局の割合が圧倒的に高く、次いで病院薬剤師、ドラッグストアとなるケースがほとんどです。ですから全体的に給料水準は横並びの傾向が見られます。極端な言い方をすれば給料面に関してはどこに就職・転職してもそれほど大きな違いはないわけです。しかし横浜市の場合は大都市ということもあって製薬会社や医療機器メーカーで薬剤師が多数活躍しています。横浜市に本店や拠点を設けている企業も多く、ドラッグストアのエリア長や本社で運営に携わる薬剤師も少なくありません。こうした立場で働く薬剤師は当然年収も高くなりますが、一方では低い水準で働く環境も少なくないのです。

通常の調剤薬局、ドラッグストアだけに限定すれば横浜市で働く薬剤師の給料相場は決して高い水準にはならないと考えられます。ですから横浜市で高収入の職場で働けるかどうかはひとりひとりのキャリアやスキルが問われることになります。逆に年収にこだわらず自分の適性に合った職場を見つけやすいエリアともいえるでしょう。

今の給料に不満なら転職サイトを利用して転職しよう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら