大学病院の薬剤師給料

大学病院勤務の薬剤師の給料はどれくらい!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師になるために、薬学部でさまざまなことを学んできたのだから、薬剤師になった以上、できることならその専門知識を十二分に活かせる職場で働いてみたい。これは、薬剤師ならば誰しもが、少なくとも1度は必ず抱く感情ではないでしょうか。実際に、薬剤師にとって人気のある勤務先は病院なのだそうです。特に、新卒での就職活動の際に、薬学部の学生が強く希望するのは病院だそうです。病院といっても様々な種類がありますが、医薬分業が進んだ現在では、入院設備のない個人病院などに薬剤師を置く必要性はあまりありませんので、ここでいう病院とは、主に、入院設備のある、比較的規模の大きな病院ということになります。

病院に勤務する薬剤師を特に、病院薬剤師と呼びますが、病院薬剤師の仕事は、入院患者の内服薬や注射の調剤、院内製剤、入院患者への服薬指導や、病棟薬剤の補給など、主に、入院患者や病棟内の仕事です。当然、医師や看護師同様、夜勤や当直もあるところがほとんどです。

では、大学病院はどうでしょうか?大学病院に勤務する薬剤師も、その仕事内容はほぼ同じと言っていいでしょう。しかしながら、そもそも大学病院というところは、診療をするところという意味での病院という一面のほかに、教育を施すという役割もあれば、治験や臨床研究といった研究機関としての側面もあります。大学病院には、一般の病院では対応ができない患者や、難病などの特殊な症例に多く遭遇します。その分、最新かつ高度な医療設備を兼ね備え、医療技術や研究内容も最先端です。そんな大学病院は、薬剤師自身にとっても高度な知識と技術を学ぶ最高の職場であり、大変やりがいのある職場となるでしょう。

しかしその一方で、大学病院に勤務するということは、高度な設備や最先端の医療についていくために、薬剤師自身にも、高度なスキルやより専門的な知識、そして何より、並々ならぬ向学心が必要とされるのもまた事実です。病院薬剤師としての病棟での仕事に加え、当直や夜勤、そしてさらに最先端の医療に見合うだけの勉強と、大学病院の薬剤師は、大変ハードな仕事だといえます。

それだけハードな大学病院の薬剤師なのだから、さぞや給料も高いだろうと思いきや、大学病院の薬剤師の給料は、一般の病院とほとんど変わらないようです。公立の大学病院の場合は、公務員の規定に基づいた給与ということになります。

仕事をしていく上で、お給料は大変重要ですが、「やりがい」もまた重要です。日夜最新の医療に触れたり、他の医療従事者と接して薬剤師としてのあり方を確認できるのは、病院薬剤師だけです。薬剤師として働く上で、何に重きを置くかが重要になってくるのでしょうね。

大学病院の薬剤師求人を探すならこの転職サイトがお勧め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら