6年制卒業の薬剤師給料

6年制を卒業した薬剤師の給料はどれくらい!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

6年制過程の薬学部が導入されたのは2006年です。つまり、今年、2012年3月に初めて6年制の薬学部は卒業生を送り出したわけで、今年初めて、6年制の薬学部を卒業した薬剤師が誕生しました。

これまで4年だった課程が6年になったわけですから、実習の時間が増えたり、カリキュラムをより綿密に習得することが可能になる一方で、単純に、学費も1.5倍になります。私立の6年制課程の薬学部の学費は1300万円前後にもなり、学費の負担はかなり増えました。そのような、いわば投資をするわけですから、6年制課程の薬学部を卒業した薬剤師の給料がどのくらいであるのか、気になるのも至極当然のことだと思われます。

日本病院薬剤師会の報告によれば、6年制を卒業した薬剤師の公務員の初任給は、208,000円と決定したそうです。これは、国家公務員薬剤師職として勤務する人の給料についてのことではありますが、自治体の病院の多くは、薬剤師の給与体系をこれに準じますし、民間病院も概ねこれに準じています。つまりは、すべての病院に勤務する薬剤師の給料の指標となっているわけです。参考までに、4年制課程の薬学部を卒業した国家公務員薬剤師の初任給は、178,200円だそうですから、6年制の課程の薬学部を卒業した薬剤師との差別化は図られているといえるでしょう。

ここまでは病院勤務についてみてきましたが、薬剤師の給与水準が高いのは、病院よりもドラッグストアです。ドラッグストアが薬剤師の勤務先と真っ先に浮かばないように、やはり、薬剤師としての専門性を活かせるのは医療機関であると考え、ドラッグストアではなく、医療機関に就職したいと考える学生も多いようです。

確かに、ドラッグストアでは、調剤業務や薬の管理といったことだけが仕事ではなく、むしろ、接客や日用雑貨や化粧品の販売の方が多いかもしれません。特に、店長ともなれば尚更です。しかし、ちょっと道を歩けばドラッグストアがあることからも分かるように、ドラッグストアのニーズは非常に高いです。これだけ高齢化が進んだ昨今においては、尚更でしょう。

ですから、ドラッグストアとしても、6年制課程を卒業した薬剤師を多くの欲しがります。今年の新卒採用では、医療機関に内定者を取られがちな状況からなんとか奪回すべく、なんと、新卒の6年制課程卒業の薬剤師に、600万円もの年俸を提示した企業もあるそうです。

このような状況ですから、6年制課程を卒業した場合の薬剤師の給料については、今後ますます目が離せないでしょう。

給料アップを目指すならこの薬剤師転職サイトがお勧め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら