学校の薬剤師給料

学校薬剤師の給料はどれくらい貰える!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

学校薬剤師は学校保健安全法の定めるところにより、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・高等専門学校・盲学校・聾学校・養護学校に至るまで、大学を除く国立・公立・私立の学校すべてに、学校医、学校歯科医と共に置かれています。

学校薬剤師の仕事は、学校の環境衛生について検査をしたり、児童・生徒の快適な学校環境をつくるために、色々と指導、助言を行うことです。

具体的には、

  • 保健室及び理科室の薬品点検
  • ごみの処理
  • 便所の管理
  • ネズミ、衛生害虫の駆除
  • 机・椅子の整備
  • 騒音環境の調査
  • 換気や温度の管理
  • 薬物乱用防止
  • 教室等の採光及び照明の管理
  • プールの検査
  • 給食の衛生監理
  • 飲料水の検査
  • 学校保健委員会への参加

などが挙げられます。

例えば東京都の教育委員会の例ですが、学校薬剤師の勤務日数は、月1日程度と定められています。学校というところは、夏休みなどの長期休みも結構多いですし、年に3回?4回の勤務といった学校もあるようです。つまり、嘱託扱いということになるわけですが、月に1日程度の出勤では、当然、生活の糧にはなりません。しかし、副業と考えられるような立場の軽い職責というわけではなく、公立の学校の場合は、市町村の薬剤師会の正会員であることが必要条件であったりと、むしろ、学校薬剤師には、それなりの地位を持った薬剤師でなければ任命されないのです。自身の薬局を構えていたり、薬局に勤務の場合でも、管理薬剤師や薬局長のポストについている場合がほとんどのようです。

ですので、月給や年収といった形での、学校薬剤師の給料は計り知れないものがあります。本業の年収に学校薬剤師の給料が上乗せされると考えるのが妥当でしょうか。一般的に、薬剤師の年収の平均は、500万円くらいと言われていますが、自身で薬局を経営していたり、薬局勤務でも役職つきであれば、平均年収よりも高い収入があると想像されますから、学校薬剤師そのものの給料ではないにせよ、学校薬剤師をしている方の年収は、薬剤師の中で高めであるといってもいいのではないかと思います。

では、実際に、どのくらいの報酬が支払われているのでしょうか?各教育委員会により違いはありますが、概ね、年額7万円から年額15万円くらいと規定されています。月に一度行くか行かないかといった勤務日数や、その職責の重さに鑑みて、この金額を高いと考えるか低いと考えるかは、薬剤師本人の感じ方次第ですが、児童・生徒たちの環境面での安全面での責任を一手に引き受ける大変重要な仕事ですから、もう少し、水準が高くなってもいいのかもしれませんね。

学校薬剤師の求人ならこの転職サイトで探そう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら