薬剤師の給料アップ

薬剤師の給料はどれくらい上がるか?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の平均年収は、だいたい500万円前後だと言われています。これを高いと感じるか、低いと感じるかは、その人次第ですが、あくまでも「平均」年収なわけですから、下は350万円くらいから上は900万円くらいまでと、実際には随分と幅があるようです。

薬剤師としてのキャリアアップをはかり、給料を上げたいのならば、やはり、より条件の良いところへの転職が一番でしょう。同じ職場で待遇が変わることを期待して部署を変わったり、役職を上げたりすることは、なかなか実現しませんし、同じ職場である以上、条件が劇的によくなることは、残念ながら期待できないと思いますので、まったくもって新しい環境への転職が必要になってくるかと思います。待遇面ではもちろんですが、職場環境が変わることによって、自分自身の気持ちにも、大変プラスの変化が出てくるものです。

では具体的に、どのくらい給料を上げることができるのでしょうか。

数ある薬剤師の職場の中で、最も給与水準が低いといわれるのは医療機関です。医療機関での初年度の平均年収が350万円前後だとと聞くと、初年度にしては多いようにも思われますが、最初が若干高いだけで、あとはほとんど昇級しません。また、医薬分業が進み病院における薬剤師の役割は激減しました。調剤や指導といった外来患者向けの仕事は、すべて調剤薬局で行うため、病院に勤務する薬剤師の仕事は、入院患者に対する薬剤の管理が中心となっています。

薬剤師になるためには、現在では、6年制大学の薬学部を卒業していなければいけませんので、初年度といっても20代半ばです。同じ20代半ばでも、ドラッグストアの店長クラスになると、年収は700万円前後だといわれています。一気に300万円近くも跳ね上がるのです。

さらに多くの年収を望めるのは、やはり、製薬会社のMRでしょう。大手企業の優秀なMRであれば、年収1,000万円も夢ではありません。MRに薬剤師の資格は必ずしも必要はなく、文系学部卒業であってもMRとして就職することも可能ですが、薬剤師の資格を持ったMRも存在しています。MRは営業職であり、純粋に薬剤師として活動できるわけではありませんが、給料アップということを主眼に置くならば、MRへの転職も視野に入れてもいいでしょう。

しかしながら、給料だけが働く目的ではありません。一番大切な「やりがい」や、福利厚生など、給与水準では図りしれない付加価値にも重きを置いてトータル的にみて給料を上げていくのであれば、薬剤師としての給料とその付加価値は、努力と工夫によって、いくらでも上げられるのではないでしょうか。

給料アップを目指すならこの薬剤師転職サイトがお勧め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら