薬剤師の給料相場

薬剤師の給料の相場はどれくらい?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

求人情報などを見ていると、不景気と言われ求人が少ない昨今においてなお、薬剤師の求人は多いように思います。薬剤師というと、薬局にいる、白衣に身を包んだお姉さんやおばさんを思い浮かべるかと思いますが、薬剤師の定義とは何でしょう。ウィキペディアによれば、薬剤師とは、「調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保する」高度専門職業人だそうです。

2006年より、薬剤師の資格を得るためには、6年制の薬学部を卒業後、薬剤師国家試験に合格しなければならず、医師や歯科医師、獣医などと同様、薬剤師は大変高度な資格であるといえます。薬剤師は高度な資格であると共に、医療の一端を担う大変やりがいのある職業ですし、女性の活躍も期待できる職業です。男性女性を問わず、薬剤師を目指す方は多いのではないかと思いますが、薬剤師を目指す上で、やはり、薬剤師の給料がどのくらいなのか?ということは、気になるところではないかと思います。

一般的に、薬剤師の給料は高めだというイメージがありますが、医療機関、調剤薬局、ドラッグストアなど、その勤務先によって給料はかなり変わってくるようです。一般的に薬剤師の平均年収は約500万円前後といわれており、初任給の平均年収の相場が、350万円〜400万円くらいだそうです。大卒の公務員の一般職の初任給が月額20万円前後、一般企業の大卒初任給が22万円前後ですから、賞与などを考慮にいれても、薬剤師の初年度の平均年収は高めだと言えるのではないでしょうか。

では次に、勤務先別に少し詳しく見ていきたいと思います。いわば、薬剤師の働く場の代名詞である病院は、民間企業に比べ、待遇面で若干劣るようです。医療機関では、初任給が年収300万円〜350万円程度となります。ただし、公立の病院などでは、公務員給与に準じますので、その場合はもっと給与水準が高くなるといえるでしょう。調剤薬局では、初任給で年収400万円前後だそうで、役職がつく年代になると、年収500万円〜600万円程度にまで上がるようです。それに対し、ドラッグストアでは、初任給で年収400万円〜500万円程度と、初任給が高めなのが特徴です。しかも、ドラッグストアでは、店長クラスにまでなると、年収700万円以上になるところが多いようです。

薬剤師の給与の相場は、都市部よりも過疎部において増加する傾向が強いようですね。また、結婚や出産などで一度退職してから復職しやすいのも薬剤師という職業のメリットの一つ。アルバイトやパートで働く場合の時給の相場が高いのも特徴的ですよね。

給料アップを目指すならこの薬剤師転職サイトがお勧め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら