公務員の薬剤師給料

公務員として働く薬剤師の給料はどれくらい!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の働く場所といえば、すぐに思い浮かぶのは、病院や調剤薬局ですよね。一方、公務員といえば、パッと思い浮かぶのは、区役所や市役所でしょうか。公務員としての薬剤師が存在するなんて、にわかに思い浮かぶことはまずないと思います。

病院には、私立と公立がありますので、国立や都立や県立、区立や市立の病院に勤務する薬剤師は、公務員ということになります。この場合、薬剤師の給料は、公務員の医療職の俸給に基づいて支給されます。

私たちの生活に身近なのは、やはり公立病院の薬剤師ですが、実は、公務員としての薬剤師の存在は、他にも多数あります。

公立病院に勤務する薬剤師の他に、公務員として働く薬剤師にはどのような仕事(職場)があるのか、以下にまとめてみました。

  • 公立病院での調剤業務
  • 各都道府県の薬務課
  • 公立病院での調剤業務
  • 保健行政における環境衛生監視員、食品衛生監視員
  • 保健所
  • 上下水道局
  • 調査・研究施設(例えば、衛生研究所・消費生活技術センター等)
  • 治験などの支援業務
  • 薬局や医薬品等製造業者の立ち入り検査、指導など
  • 自衛隊の幹部職員となる薬剤官
  • 麻薬取締官

などです。行政における薬剤師は、大きく分けて、水質、大気などの環境対策やごみの対策などの業務を行う環境部局と食品衛生、公衆浴場や理美容院といった環境営業、薬事に関する業務を行う衛星部局に配属されるようです。

行政における薬剤師の様子はなんとなく想像はできますが、興味深いのは、麻薬取締官でしょうか。麻薬取締官は、覚せい剤等の違法薬物の乱用から、医療麻薬等の不正ルートからの譲渡・受け渡しに至るまで、様々な薬物犯罪を捜査しています。麻薬取締官の受験資格は、29歳以下の薬剤師、薬剤師国家試験合格者、または、薬剤師試験合格見込み予定の者であれば、国家公務員の一次試験を受験しなくても得られます。(逆に、国家公務員の一次試験に合格すれば、薬剤師でなくても受験資格を得られるます。)

厚生労働省の統計のよれば、薬剤師の平均年収は500万円前後です。一方、公務員の平均年収は、職種による違いはありますが、概ね、600万円前後と考えてよいでしょう。給与水準も魅力の一つですが、公務員として薬剤師の資格を活かすことの一番の魅力は、やはり、その安定性でしょう。公務員の薬剤師は採用数が少なく、狭き門ではありますが、行政で薬剤師としての専門知識を活かして働くことができる大変興味深い仕事ですので、ぜひ、公務員の薬剤師を目指していってほしいと思います。

転職なら薬剤師転職サイトの利用がお勧め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら