予備校の薬剤師給料

予備校で働く薬剤師の給料はどれくらい!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の方は大学の薬学部に入るための受験の際に、かなりの勉強をしたという方も多くいます。そうした方は予備校で働く事もできます。予備校と言っても、薬剤師資格を取るための講義を行う予備校と大学受験の予備校という二つの種類があります。それぞれによって給料の相場も異なってきます。

まず、薬剤師資格取得のための予備校では資格取得のためにポイントを絞って講義を行います。全国的にもまだ多くはない仕事ですが、給料の例としては、新卒時に薬剤師資格取得の講座を開いている予備校の講師として仕事を始めると、月収で26万円というケースがあります。年収にすると350万円ほどとなっています。また、そこから講師として経験を積むと収入は伸び、3年目でも月収35万円、年収で500万円近くになるというケースがあります。講義形式の場合は一度に多くの学生が講義を受けるため、人気が出てくれば講義を受ける方も増え、それが収入に反映される事になります。

また、大学受験の予備校講師の場合は薬学部の方はまずは時給で働く事も多いです。講義形式の場合時給で3000円や4000円、実力があり人気が出るとそれ以上になるケースもあり、高収入を得られるケースもあります。大学受験予備校の社員講師として働く場合は実力に伴いその収入も比例し、年収300万円ほどから人気講師の場合は年収1000万円に届くケースもあり、差が大きくなっています。

こうした予備校講師の仕事は薬剤師の調剤スキルを生かすよりも、これまでに学んだ知識を伝えていく事が仕事になります。一般的な薬剤師とは大きく異なるキャリアを歩む事になりますが、人と接する事が好きという方や、教える事や話すのが好きという方には向いている仕事です。収入的にも高収入を狙える仕事なので、やりがいを感じながらそれに見合った収入を得る事ができます。

薬剤師資格取得の予備校講師も大学受験の講師も転職サイトで募集がされています。興味のある方は応募してみる事をお勧めします。また、両方の求人とも都市部に多い傾向にあり、特に薬剤師資格の予備校講師の場合はその傾向が強いです。場合によっては引越しなども視野に入れて検討していくと良いでしょう。あなたの適性をよく考えて、今後のキャリアを決めていきましょう。また、自分だけでは迷ってしまうという方は、転職サイトに登録すると担当してくれるアドバイザーの方に相談するのもお勧めです。

予備校の薬剤師求人情報なら転職サイトがお勧め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら