名古屋の薬剤師給料

名古屋市で働く薬剤師の給料相場は!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

名古屋市で薬剤師として働く場合には給料相場を重視するか、それともやりがいや働きやすさを重視するかの選択が重要になるといわれます。平均年収に関しては全国平均とほぼ同じくらい、その一方で東海地方の中心となる大都市ということもあって求人の数も多様性にも恵まれています。こうした理由から年収にプラスして何を求めるかが求められるのです。

都道府県別の薬剤師の平均年収では愛知県は530万円、全国47都道府県のうち25位。順位の上では真ん中やや下となります。薬剤師全体の平均年収が530万円程度といわれますから、まさに平均ピッタリの数字です。ですから給料相場の観点から言えば標準クラス、まあまあの環境といえます。

なお、大都市を抱えるエリアの平均年収は決して高くはなく、神戸を擁する兵庫県は471万円で44位、大阪府は493万円で39位、福岡県は482万円で41位。西日本の大都市圏に比べると愛知県は恵まれているともいえるのです。なお、東京は513万円、神奈川県は556万円。神奈川を除けば大都市圏はだいたい同じくらいの水準となっています。

名古屋市にエリアを絞ってもこの傾向はほぼ変わらないでしょう。その一方、大都市ということもあって冒頭で触れたようにさまざまな職場があるのが特徴です。そのため業種・職種によって給料相場が大きく異なってくるため、全体平均だけでは簡単に判断できない面もあります。

人口が多いエリアでもっとも給料水準が低くなるのが調剤薬局とドラッグストアです。どちらも都市部では大都市が過剰気味になっている面があるうえにドラッグストアの場合はこれまで薬剤師が担当していた業務を登録販売者が担うケースも増えており平均年収の減少傾向が続いています。実際に名古屋市内で調剤薬局、ドラッグストアの求人を調べてみると年収400万円台半ばくらいが相場で高いところで500万円台前半、600万円以上ともなると管理薬剤師や店長といった役職が伴うケースがほとんどです。

一方、名古屋のような大都市の場合は製薬会社や医療機器メーカーといった職場があります。とくに製薬会社の場合は研究職・MRで年収800万円以上を越えるケースも少なくありません。他にもCROをはじめとした治験関連の業務も見つけられるため、収入だけにとらわれず自分がどんな仕事をしたいのか、どの分野でキャリアを重ねていきたいのかを考慮したうえで仕事先を選んでいく必要がありそうです。求人の選択肢の数そのものは恵まれていますから、じっくりと比較検討しながら選んでいくことになるでしょう。

薬剤師転職サイトには高給求人が豊富!お勧めはコレ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら