管理薬剤師の給料

管理薬剤師はどれくらい給料を貰っているのか!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

厚生労働省によれば、管理薬剤師とは、薬剤師のうち、薬事法に基づき、薬局や店舗に設置が義務付けられている責任者のことです。管理薬剤師には、薬剤師の資格があればなることができますが、兼任は禁じられています。店舗等を管理監督するのがその職務です。一般企業で言うところの、管理職だと考えると分かりやすいかもしれませんね。

管理薬剤師の業務をもう少し詳しくみていきたいと思います。管理薬剤師には、大きく分けて3つの業務があるようです。まず一つ目は、管理業務。管理業務はさらに、従業員の監督と、医薬品の管理に分類されます。二つ目は、適正な使用のための情報提供業務。これは、管理薬剤師自ら行っても、他の薬剤師が行っても、どちらでも構いません。購入者の求めている医薬品が不適当ではないかどうか、薬剤師は常に、購入者の顔色などを見ながら判断しているのですね。3つ目は、例えば、副作用情報の収集や報告など、管理業務や情報提供業務や以外の業務です。管理薬剤師であるか否かに関わらず、薬剤師であればもちろん、医薬品に関する十二分な知識を持っていて当然ですが、殊、管理薬剤師には、医薬品に対する広くて深い専門知識が必要です。また、医薬品に対する幅広い知識のみならず、薬局全体を管理していくことのできる、質の高いマネージメント能力が必須となってくるでしょう。

ところで、一般企業の管理職というと、その企業にもよりますが、大体、30代半ばくらいから役職がつくことが多いのではないかと思います。一方、管理薬剤師に任命される年代は、一般企業の管理職に比べると、かなり幅が広いようです。

新卒で就職した職場で、ステップアップを重ねながら管理薬剤師になり、そのままさらに昇進を図っていくのか。それとも、何年か薬剤師としてのキャリアを積んだ上で、管理薬剤師のポストへ転職するのか。管理薬剤師になってからさらなるキャリアアップを求めてより待遇の良いところへ転職するのか。といった具合に、管理薬剤師としてのキャリアを積んでいくには、いろいろな方法がありますね。

管理薬剤師として働く場合、管理薬剤師手当てが付くのが通常です。勤務する職場の給与規定や職務の内容などにより違いはありますが、管理薬剤師手当ては、大体、月額4万円から5万円くらいのようですので、年収にして、約50万円から60万円の増加が見込めます。一般的に、薬剤師の平均年収は500万円前後だそうですから、管理薬剤師の年収は、600万円くらいということになります。より多くの収入を得るためにも、管理薬剤師としてキャリアアップを図っていくことが重要でしょう。

管理薬剤師の求人は薬剤師転職サイトにあります!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら