薬剤師の低い給料

薬剤師の給料で安いのはどの水準から?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

昔は、薬学部といえば4年制の大学しか存在しておらず、4年制の大学の薬学部を卒業すれば、薬剤師の国家試験受験資格を取得くできました。しかし現在では、薬剤師の国家試験受験資格を得るためには、6年制の大学を卒業しなければいけません。

学習する時間が1.5倍になり、カリキュラムを消化する期間に余裕ができ、学生にとってはモラトリアムともなり得ますが、単に社会に出る時期が2年遅くなるだけではなくて、その分、当たり前ですが学費も単純に1.5倍必要になるわけです。医学部ほどではないにしても、6年制の私立の薬学部にかかる学費はおよそ1200万円にもなります。実習費は別途徴収という大学がほとんどですので、実際には、もっとかかるでしょう。

同じ6年制の大学を卒業しなければいけない職業としてすぐに思い浮かぶのは医師かと思います。私立の医学部を卒業した場合、私立薬学部の比ではない学費がかかりますが、その学費に見合うだけの高額な収入を得ることも可能です。その勤務形態によりもちろん差はありますが、医師の平均年収は、少なく見積もっても1300万円前後です。

一方、これまた、勤務先により差はあるものの、薬剤師の平均年収は、500万円前後。私立の医学部に比べれば、私立の薬学部の学費は安上がりであるとはいえ、誤解を恐れないでいえば、費用対効果を考えると、お世辞にも、私立の6年制の薬学部を卒業して薬剤師になることに軍杯が上がることは、残念ですがないでしょう。

薬剤師になるまでの労力を考慮に入れると、薬剤師の給料の水準は低いと言わざるを得ません。

先ほど、薬剤師の平均年収は500万円前後だと書きました。これまた先にも書いた通り、薬剤師の勤務先にもさまざまあるわけですが、どの業種が一番お給料が安くなってしまうのでしょうか?

薬剤師の勤務先といってまず思い浮かぶのは病院や調剤薬局かと思います。普通、薬剤師といえば、まずこのどちらかに勤務しているように思われますので、オーソドックスなこれらに勤務する薬剤師の給料が高いのかと思われがちですが、意外にも、病院と調剤薬局に勤務する薬剤師のお給料が一番安いのだそうです。

病院や調剤薬局の初年度の平均年収は、平均して約350万円〜400万円くらいだそうですから、必然的に、この年収350万円というラインが、薬剤師の給料の最低ラインと言えるでしょう。一般企業の大卒の初任給に比べれば高いのかもしれませんが、6年制の大学を卒業し国家資格を持っているわりには、やはり、安すぎるような気がしますよね。

給料アップを目指すならこの薬剤師転職サイトがお勧め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら