兵庫の薬剤師給料

兵庫県内で働く薬剤師の給料相場はどれくらい!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の年収・給料相場に関しては以前から都市部よりも地方の方が高い水準にあるとよく言われます。薬剤師の人手が足りないエリアではそれを補うために高い収入の求人が多くなり、逆に過剰気味のエリアでは低い求人が多くなるわけです。兵庫県はそんな一般的な傾向がピッタリ当てはまるエリアといってもよいでしょう。

平成26年における都道府県別の薬剤師収入ランキングにおいて兵庫県は下から4番目、44位に甘んじています。数字では471万円。最下位の岡山県が427万円で他と比べてかなり低い水準にありますが、それ以外では徳島県や福島県、千葉県あたりと同じくらいの水準となっています。なお、トップは静岡県で660万円。その差は190万円近くになります。同じ薬剤師として働いていてもエリアによってこれほどの差がついてしまうわけです。

ただし、薬剤師の年収相場に関してはお隣の大阪でも493万円で39位と決した高い水準とはいえない状況となっており、近畿エリア全体が抱えている傾向といえます。これはやはり冒頭に挙げた薬剤師の需要と供給の問題が大きな理由となっているのでしょう。

ですから兵庫県内で薬剤師として働く場合、あるいはこれから就職・転職先を探す場合にはできるだけ高収入の求人を見つけるように努力すること、それから収入だけにとらわれない視点から仕事先を探していくことの2点が求められます。給料相場が低い一方、さまざまな働き先があるのも兵庫県の特徴です。神戸市を中心に製薬会社や治験関連の企業、医療機器メーカーなどの選択肢から仕事先を選んでいくことが可能です。そのため県全体の平均年収が低いからといってすべての職場の年収が低めとは限らず、製薬会社の研究職やMRといった職では地方では得られない高収入を実現することも可能です。年収を重視して仕事先を探していく場合には薬剤師の資格に加えてキャリアやスキルといったアピールできるポイントが求められるでしょう。

先述した治験関連のCROや医療機器メーカーのように従来の薬剤師の役割から一歩踏み出した職場を見つけやすいのも兵庫県の特徴です。こうした職場では薬剤師の需要が高まり始めてから時間があまり経過していないこともあり、平均勤続年数と平均年収が低めの状態にあります。逆に言えば今後活躍の場が広がっていく余地があるともいえるため、これまでとは違う分野で新たなキャリアを築いていきたい、調剤薬局とは違った価値観のもとで働きたいという方にはよい選択肢となるはずです。このように年収だけにとらわれずによい仕事を探していけるかもこのエリアで働く薬剤師に求められる心がけです。

薬剤師転職サイトを使って転職をして給料アップを目指そう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら