病院薬剤師の給料

病院薬剤師の給料はどれくらい!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

一口に薬剤師といっても、その働く場所や仕事内容は様々ですが、薬剤師の働く場所としてまず思い浮かぶのは、やはり病院でしょう。病院に勤務する薬剤師のことを、「病院薬剤師」と表現します。

医薬分業が推進されている昨今では、病院薬剤師は主に、適性に使用されているかのチェックや副作用のチェック、在庫管理など、入院患者の薬剤管理指導がその主な仕事内容となっています。一方、調剤薬局では外来患者の在宅における管理指導がメインです。

一般的に、薬剤師の平均年収は500万円前後と言われていますが、病院薬剤師の給料は、他の職場に勤務する薬剤師の給料がに比べ、あまり高いとは言えないようです。しかしながら、病院薬剤師は、薬学部の学生に人気のある就職先となっています。イメージ的にも仕事の内容的にも、病院薬剤師は、薬学部の学生にとって魅力のある職場なのでしょうね。

多少お給料は安くても、いろいろな症例を実際に経験し、また、医師や看護師など、いろいろな立場の医療従事者と接することのできる職場環境は、「やりがい」という面で、とても充実しいるのかもしれません。薬剤師としての仕事の質から判断して、その賃金が高いのかそうでないのか?を判断することも、大変重要かと思います。

どんな職場であれ、待遇の良し悪しに関わらず、薬剤師として専門性の高い知識をフル活用し、患者様の役に立つことこそが、薬剤師としての質の高い仕事だと思います。薬剤師としての質の高い仕事をしていくためには、与えられた仕事をこなしていくだけではなく、学生時代の知識をのみでストップしないように、日々勉強し、それなりのプライドを持って仕事を続けていかなければなりません。

しかしながら、人間が仕事をする上で、かなりの原動力になるのは、労働に対す対価や、その働きに対する賞賛(というか、働きを認めてもらうこと)なのもまた事実。多少お給料が安くても仕事内容に満足しているだけでは、モチベーションを維持し続けるのは、やはり難しいでしょう。どんなに頑張っても昇級していかないし、役職も付かない、では、努力する気も失せてしまうものです。仕事の質を維持しつつ、待遇面でも恵まれた職場環境に出会えるといいですよね。

病院にも種類は沢山あります。大学病院や規模の大きな病院などでは、薬剤師のための研修制度を設けているところもあるようです。そのようなところで存分に勉強し、それから、自分の納得する待遇の得られるところへ就職するのも一つの方法かもしれませんね。

病院薬剤師の求人は薬剤師転職サイトで探そう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら