薬剤師の高給料

薬剤師給料で高いのはどの水準から?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師が活躍する場としてすぐに思い浮かぶのは、病院や調剤薬局などでしょうか。同じ薬剤師の国家資格を持っていても、薬剤師によってその働き方はさまざまです。勤務先の業種や薬剤師自身のキャリア、勤務地などによって、それぞれの給料の水準も大きく異なります。

勤務先等により異なるとはいえ、薬剤師全体の給料の平均を取り、他の医療関連職種と薬剤師との給料の水準を比較してみれば、医師や歯科医師と比べれば、薬剤師の給料の水準は決して高いとはいえないものの、臨床検査技師や歯科衛生士、介護支援専門員などといったその他の職種と比べればその水準は高めであると考えられます。

では、薬剤師の勤務先による、給料水準の高低はどのようになっているのでしょうか。薬剤師の資格は、医薬品に関し、開発・研究・製造・流通・販売に至るまで、大変幅広い分野にて活躍することのできる資格ですから、その勤務先にも大変多くの選択肢があります。

以前は、薬剤はすべて「院内処方」であり、多くの薬剤師が病院薬剤師として、医療機関に勤務していました。しかしながら「医薬分業」が徹底されつつある昨今においては、院内で薬剤を処方する医療機関はほとんどなく、個人病院はもとより、総合病院などの外来においても、医療機関では処方箋を発行するのみで、処方は院外ですので、病院薬剤師の仕事は入院患者への調剤業務のみとなっているようです。意外かもしれませんが、医療機関や調剤薬局に勤務する薬剤師の給料の水準は、数ある薬剤師の勤務先の中では低い方に分類されます。

それでは、給与水準が高い勤務先はどこでしょう。それは、ドラッグストアや製薬会社など医薬品関連企業だそうです。ここ十年くらいの間に、ドラッグストアの数は本当に増えました。一般的な調剤薬局よりも営業時間も長く、また、駅近くにあったり、郊外では広い駐車場を備えていたり、また、医薬品以外のいろいろな興味深い雑貨もあったりと、ドラッグストアは消費者のツボをよく押さえています。その分、薬剤師本来の業務からはかけ離れる場合も多いかもしれませんが、資格手当などにより、給料の水準も高いようです。初任給が高いことも特徴のようですが、店長などになることにより、医療機関に比べてはるかに給料の水準が上がるようです。

医薬品関連企業はどうでしょうか。よく耳にするMRという職種が製薬会社にはあります。こちらは営業職であり、薬剤師の資格は必ずしも必要ではありませんし、文系でも就職できる職種です。しかしながら、純粋に給与水準ということだけで考えるならば、製薬会社のMRが、薬剤を扱う職業の中では一番給与水準が高いと言えるでしょう。

給料アップを目指すならこの薬剤師転職サイトがお勧め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら