新卒の薬剤師給料

新卒薬剤師は給料どれくらい貰っているのか!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

2006年度に6年制が導入されるまで、薬学部は4年制の大学であり、薬剤師の国家試験の受験資格も、4年間の過程を修了すれば取得できました。6年制が導入されてからも、4年制の薬学部は存在しますが、薬剤師の国家試験の受験資格を得られるのは6年制の薬学部のみです。

つまり、2010年、2011年と、新卒の薬剤師が誕生しないという状態になっており、2012年3月の国家試験が終わったこの4月からは、3年ぶりに新卒薬剤師が誕生することになります。

ところで、薬剤師の平均年収は500万円前後だといわれています。初年度の平均年収は350万円前後だそうです。薬学部の学生に人気のある就職先は、やはり専門性を活かせる医療機関ですが、医療機関での給与水準は、薬剤師の勤務先の中ではあまり高くありません。

一方、ドラッグストアは待遇面で充実しているところが多いようです。高齢化が進み、医薬分業が確立された現在においては、立地条件も良く、長時間営業しているドラッグストアで処方された薬を買いたいという人も多いでしょうし、ドラッグストアの経営戦略としても、調剤薬局としての機能も持っていた方が良いのでしょう。転職組よりも、まだ企業の色に染まる前の新卒薬剤師を採用して、その店のカラーに染まってほしいという事情もあるかと思います。ドラッグストアにおいては特に、新卒薬剤師の採用が急務となっていると言えます。

しかしながら、日経ビジネスの記事によれば、ドラッグストアの新卒薬剤師の獲得は前途多難だったようです。同記事によれば、薬学部の就職課には、毎日のようにドラッグストアなどの採用担当者が相談に来ていたようですが、病院の慢性的な人手不足と、先にも述べたような、学生の医療関係へ就職したいという希望とで、100人採用する予定が6割程度しか内定を出せなかったり、3桁の採用を予定をしていたが2桁にとどまりそうだというドラッグストアもあるとのことでした。

しかし、そんな苦戦を余所目に、新卒薬剤師の獲得に成功した企業もあるそうです。同じく日経ビジネスの記事によれば、その企業が新卒の薬剤師に提供した年俸は、なんと、600万円。薬剤師の平均年収は500万円前後ですから、これがいかに高待遇であるかは一目瞭然です。

多少、薬剤師の本来の業務から逸れる可能性があったとしても、高い収入を得られる職場を選ぶか、やはり、6年もかけて折角勉強し資格も取ったのだから、給料が少なくても専門性を追求した職場を選ぶかによって、新卒の薬剤師の給料は大きく差が出る時代になってきたようですね。

給料アップを目指すならこの薬剤師転職サイトがお勧め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら