ドラッグストアの薬剤師給料

ドラッグストアで働く薬剤師はどれくらいの給料!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

ドラッグ・ストアとは、処方箋調剤薬、一般薬、化粧品、トイレタリー用品などを販売する小売業のことです。ドラッグストアが普及し定着してから、もう随分と経つような気がします。ドラッグストアが日本に初めて誕生したのは、1980年代半ば頃でしたが、処方箋調剤薬こそ購入できなかったものの、一般薬がかなり安く売られていたことは、日本国民にとって、ある種のカルチャーショックだったのではないでしょうか。さらには、日用品や化粧品も安くて豊富で、瞬く間に世間に浸透していきました。

21世紀に入り、医薬分業が推進されてくると、それまでドラッグストアでは購入できなかった処方箋調剤薬剤を購入できるようになり、ドラッグストアの幅はますます広がります。その頃から、大手ドラッグストアでは、大量に薬剤師を採用するなどして、調剤部門の拡大にも尽力を注ぐようになりました。

薬剤師の勤務先としてすぐ脳裏を過るのは、やはり、オーソドックスに、病院などの医療機関や調剤薬局だと思いますが、意外にも、これらのオーソドックスな薬剤師の勤務先に比べ、ドラッグストアの方が、薬剤師の待遇はいいのです。厚生労働省の統計によれば、薬剤師の平均年収は500万円前後ということですが、ドラッグストアに勤務する薬剤師の年収は、店長クラスになると、700万円くらいにまで上がるとのこと。初年度こそ、待遇に大差はないかもしれませんが、長く務めて行くうちに、その差は歴然としてくるでしょう。

ところで、今年は、6年制の薬科大学を卒業した薬剤師が初めて誕生した年です。2006年に制度が変わってから、4年制の薬学部課程を修了しただけでは、薬剤師の国家試験受験資格が得られなくなりました。つまり、2010年、2011年と、国家試験の受験資格を満たす学生がおらず、新卒の薬剤師のがいなかったわけです。

6年制課程を修了した薬剤師の確保に積極的だったのは、やはりドラッグストアでした。しかし、ドラッグストアというと、その小売形態から、どうしても、薬剤の専門職というイメージが薄く、給与水準のわりに、新卒薬剤師の就職先としては人気がないようですね。そんな学生たちをなんとか獲得しようと、2012年度の新卒薬剤師の採用において、初年度の年俸を600万円と提示したドラッグストアもあったほどです。

ドラッグストアというと、賃金面でのキャリアアップを求めて転職する先というイメージがどちらかと言えばありましたが、新卒での就職活動にも、今後、更なる変化があるのかもしれませんね。

ドラッグストアの薬剤師求人は転職サイトで探そう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら