調剤薬局の薬剤師給料

調剤薬局で働く薬剤師の給料はどれくらい!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

十数年前までは、薬はかかった病院でもらうものだったように思います。ところが、医薬分業が推進され、院外処方が主流になり、病院で処方された薬は薬局にいかなければ購入することができなくなりました。

調剤薬局は、大概、近ければ病院のすぐ隣、離れていてもせいぜい数百メートルには存在していますが、具合の悪い時に病院で会計を済ませ、さらに歩いて、処方箋を提出してまた会計をして説明を聞いて・・・と、明らかに二度手間であり、院外処方になったばかりの頃は、正直、患者さんにとってメリットがあるとはあまり思えませんでした。

しかしながら、院外処方が定着していくにつれ、院外処方のメリットが、私たちにも分かってきたように思います。院外処方のメリットは、「かかりつけ薬局」としての調剤薬局の機能につきます。例えば、薬は薬として、おくすり手帳やいつも同じ薬局で管理することで、その患者の体質、薬歴などをきちんと把握し、薬の重複などを未然に防ぐことができます。副作用のことや飲み方、どういったときに処方される薬かなどという、医師には質問し辛いことも、かかりつけ薬局の薬剤師にならば気軽に確認することもできるでしょうし、薬剤師側としても、患者がどのようなことを気にかけているのかを把握することができます。このように、薬剤師と患者のコミュニケーションが確立できるのが、調剤薬局の強みです。

調剤薬局がこのような機能を持ったことで、調剤薬局の薬剤師に求められる資質も変わってきたのではないかと思います。これまでのように、薬を調剤しそれを販売する技術だけでは足りなくて、患者1人1人に対して、薬に関することはもちろん、健康状態や病気のことなど、あらゆる面でコミュニケーションを図れる薬剤師が必要なのではないでしょうか。

調剤薬局の他にも、病院やドラッグストア、製薬会社など、薬剤師の他にも勤務先は様々あいりますが、薬剤師の平均年収は、500万円前後だそうです。中でも、調剤薬局の薬剤師の平均年収は、調剤薬局の規模や給与規定により差はありますが、概ね400万円から600万円くらいとのこと。ドラッグストアや製薬会社の薬剤師よりも低めにはなりますが、調剤薬局は、薬剤師が一番薬剤師らしく、薬剤師の本来の業務に専念できる職場ではないかと思います。また、病院やドラッグストアに比べ、調剤薬局では比較的ゆったりとした時間の流れで働くことができる職場です。また、単純に給料といった側面だけでなく、残業の有無や人間関係といった職場環境なども重要ではないでしょうか。

調剤薬局の求人は薬剤師転職サイトで探すのがお勧め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら