薬剤師の給料に不満がある方へ

薬剤師の給料に不満があれば転職をしよう!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師は給料に不満を感じることが多い職種でもあります。とりわけ調剤薬局で働く薬剤師は自分の勤務環境に見合った給料を得られずに不満を抱えるケースが少なくありません。

こうした不満を抱える理由には単に給料が低いだけでなく、勤務環境や将来への不安といった要因も深く関わってきます。薬剤師の給料は人手の状況と密接に関わっていることが多く、薬剤師が不足がちの職場では収入が高い傾向が見られます。地方の薬剤師の求人を見ると都市部では考えられないほど高収入の条件を見つけることがありますが、それも人手不足の影響です。こうした職場では金額の面では高い水準にあるものの、連日の残業、休日出勤、思うように休日を取れないといった激務の環境に晒されることが多く、いくら他と比べて高収入でも割に合わない、と感じるケースが少なくありません。

また、調剤薬局に顕著に見られますが、薬剤師のは昇給の余地が少ないのも大きな特徴です。年収400万円前後くらいからスタートして500万円を少し超えた段階で頭打ちになってしまうのが一般的で、キャリアを重ねながら順調に収入アップしていくといった図式が成り立たないのです。入職した当初は給料に満足していても、5年、10年と働き続けているうちに次第に不満を覚えてくる場合も少なくありません。

こうした薬剤師の給料に不満を感じた場合には思い切って転職をするのが良いでしょう。今取り上げた2つのケースは解決するのが難しいからです。調剤薬局は急激に売り上げが伸びるといったケースがほとんどないため、薬剤師の給料に関してもいきなり大幅にアップすることはまずありません。また人手不足の問題はそう簡単に解決できるものではありませんし、経営者の立場から見れば不足が解消されれば今度は収入を高く設定する必要がなくなります。どちらにしろ給料に対して抱えている不満を解消する余地はほとんどないわけです。

給料に不満を感じて転職する場合にはこうした点をよく踏まえた上で次の職場を探していくことが大事です。まず給料が高くても激務が予想される職場は避けること、また将来の昇給の余地が期待できる職場を選ぶこと。求人情報に記載されている給料・年収の数字だけに惑わされず、将来性や就業環境にまで目を向けて探していくのがポイントです。また、昇給が期待できる職場へ転職したいなら調剤薬局以外の職種を視野に入れるのも選択肢のひとつです。薬剤師の転職は決して珍しくありませんから、転職をよい転機にして年収だけでなくキャリアの面でも心機一転、再スタートが切れるような職場を探していきましょう。

給料アップを目指すならこの薬剤師転職サイトがお勧め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら