薬剤師と看護師の給料比較

薬剤師と看護師の給料を比較してご紹介!

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師も看護師も、女性が多く活躍する職場です。どちらも医療職であり、国家資格ですが、薬剤師が「薬」のスペシャリストであるのに対し、看護師は「看護」のスペシャリストであることが特徴でしょうか。

看護師の主な仕事は、患者さんのお世話と医師の補助です。勤務する病院によって違いはあるものの、病棟では、食事や排泄の介助、入浴の介助、点滴、注射、ベッドメイキングなど、その仕事内容は大変多岐にわたっていますが、どれも、女性の特性を十二分に生かせる仕事内容でもありますので、女性が活躍していかれる職業であることにも納得がいきます。

総合病院などに勤務する看護師の生活は大変ハードです。平日休日を問わず勤務はありますし、夜勤もあります。また、常に患者さんの命にかかわっているという緊張感は、並大抵のものではないでしょう。ですが、体力的にハードで不規則な分、休日出勤手当や深夜勤務手当といった手当が充実しています。女性の平均年収が250万円前後なのに対して、看護師の平均年収は470万円ほどと、女性の中では大変高収入です。収入の面からも、看護職は女性にとって魅力的な仕事であるといえるかと思います。

一方、薬剤師は、処方箋に基づき薬を調剤したり、患者さんに対して服薬指導を行ったりと、薬の管理が主な仕事となってきます。看護師に比べ、薬剤師の勤務先はさまざまです。勤務先によって仕事内容もお給料も大きく違うところがその特徴とも言えるでしょう。病院勤務の薬剤師は、医師から指示された薬の調剤、また逆に、医師に、薬剤に関する情報を提供したりもします。病棟勤務の薬剤師には、夜勤や当直もあります。その点においては、看護師の仕事と通ずるところがあると言えるでしょう。薬剤師の活躍するフィールドは、病院の他にも、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社、公務員、研究機関など、本当に様々です。薬剤師も、看護師同様、医療従事者なわけですが、その活躍の場が医療現場に限定されるわけではないという点においては、看護師よりも、いろいろなことに挑戦していかれるという魅力があるのではないでしょうか。

薬剤師の平均年収は、500万円前後だそうです。看護師の資格を持っていれば、だいたい、同じくらいの給与水準で働ける看護師と違い薬剤師のお給料は、勤務先によって本当に様々です。純粋に、薬のスペシャリストとしての職務内容を追求すればするほど、給与の水準は反比例していくと考えてよいでしょう。実際に、もっともお給料が高いのは、製薬会社の営業職です。次いでドアッグストア、調剤薬局・病院となっています。

給料アップを目指すならこの薬剤師転職サイトがお勧め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら