50代の薬剤師給料

50代の薬剤師の給料はどれくらい!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

昨今では、医薬分業が進み、病院にかかった際にお薬を病院でもらうのではなくて、一旦病院の会計を済ませ、再度、調剤薬局に出向くことが当たり前になりました。それ故、調剤薬局の数は、どんどん増えているように思いますが、病院を受診したあとに調剤薬局へ行くと、働いている薬剤師はほぼ女性です。ごくごく稀に男性を見かけることもありますが、10回薬局に行ったとして、1回見かけるか見かけないかといった割合のように思います。それだけ、薬剤師には女性が多いということでしょう。特に、調剤薬局は仕事のペースや勤務体系などが、女性のライフスタイルに向いているのかもしれません。

厚生労働省の統計によれば、薬剤師全体の年収の平均は500万円前後なのだそうです。初年度の平均がだいたい350万円から400万円程度、その後は、その勤務先により大きく異なるようです。平均してみると、30代、40代で500万円〜600万円前後になるようですが、残念ながら、40代をピークに、それ以後は、下降の一途をたどるように思います。

薬剤師の働く場所としてポピュラーでイメージしやすいのは、冒頭述べたことからも、調剤薬局かと思いますが、調剤薬局のほかにも、病院、ドラッグストア、製薬会社などがあります。年功序列といいますか、年次が上がれば上がるほど昇給し、生涯賃金が高いのはやはり製薬会社です。純粋な薬剤師としての業務からはかけ離れていますが、大手の製薬会社の営業職(MR)であれば、40代、50代のお給料は年収1,000万円前後と考えてよいでしょう。大手企業のサラリーマンであれば、だいたいこのくらいの年収がありますから、薬剤師の仕事で高収入を得られる職場というよりは、あくまでも、製薬会社のサラリーマンとして働く結果であるといえます。

一方、薬剤師の勤務先の中では給与水準が低いといわれる病院や調剤薬局では、50代でも、よくて、600万円から700万円程度です。低いところはこれよりももっと低くなりますし、50代の女性の給与水準ももっと低いです。

しかしながら、女性の50代といえば、子育ても一段落し、第二の人生を充実させるために、「生きがい」を求めて働く場合も多いでしょう。子育てが終わるまではと家庭に入っていたり、それまではパートで働いていたけれども、これからは、正職員としてがんばって働きたいということもあると思います。そういった場合、薬剤師としての再スタートを切るわけですから、お給料の水準に囚われず、「やりがいのある職場、働きやすい職場」ということにフォーカスして、薬剤師としての仕事をしていくのも一つの選択肢ではないかと思います。

今の給料に不満なら転職サイトを利用して転職しよう!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら