3年目の薬剤師給料

3年目の薬剤師の給料相場

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

3年目の薬剤師は職種や就職先によって収入に差がつきはじめる時期です。就職段階ではほぼ横並びだった収入もどのような職場でどういったキャリアを積み重ねてきたかによってバラつきが出てくるのです。それだけに給料相場についても単に全体の数字を確認するだけでなく、より細かい点にまで目を向けていくことが大事です。

3年目の薬剤師の給料相場は全体で見ると500万円程度と一般的には言われています。1年目の薬剤師の給料相場が400万円前後と考えれば100万円ほどのアップ、かなり順調な上昇ぶりと言えるわけですが、必ずしもすべての薬剤師が順調に年収アップを実現できるわけではないことを踏まえておかなければなりません。

その理由は職種ごとの給料相場の違いにあります。薬剤師の就職先の中でももっとも高収入が期待できる製薬会社ではすでに年収600万〜700万円を越えるケースも少なくありません。大手の製薬会社の研究職やMRなどで順調にキャリアを成果を積み重ねていればかなりの高収入を得ることも珍しくないのです。こうした高収入の薬剤師が全体の給料相場を引き上げている面もあるため、実際に年収500万円に届く3年目の薬剤師はそれほど多くないのが実情です。

薬剤師にとってもっとも身近な就職先となる調剤薬局では3年目で500万円を越えるケースはほとんどないといってもよいでしょう。調剤薬局に限定すれば450万円程度が3年目の一般的な給料相場となるでしょうか。調剤薬局は昇給の余地が少なく、早い段階で頭打ちになってしまうとのイメージもありますが、3年目ではまだそういったことはなく、同じ職場で働き続けていれば順調な昇給が期待できます。ただし、薬剤師はもともと離職率が高く、3年目くらいに1回目の転職の機会が訪れるといいます。この時期に転職をせずに同じ職場で働き続けるか、あるいは高収入の職場に転職できるかどうかで収入環境がずいぶんと違ってくるのも覚えておきたいポイントとなるでしょう。

6年制の薬学部を出た薬剤師にとって3年目は20代後半、薬剤師としてだけでなく社会人としてキャリアのひとつのターニングポイントとなります。自分の収入が全体の給料相場に比べて高いのか低いのか、仕事に見合う収入を得ているのがどうか、改めて見直してみる時期ともなるでしょう。将来的に今後どれぐらい年収アップが期待できるのかも含め、もし満足できない環境なら思い切って転職を目指すといった対策も求められます。その意味でも3年目の給料相場は今後のキャリアを決めるうえで重要な意味を持ってくる数字といえます。

薬剤師転職サイトには高給料求人が豊富!お勧めはコレ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら