30代の薬剤師給料

30代の薬剤師は給料どれくらい貰ってる!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師に限らず、30代といえば、大学や大学院を卒業して社会に出て5年?10年くらいが経過し、その企業の十二分な戦力として活躍している年代です。昔と違って今は、男性も女性も、だいぶ結婚の時期が遅くなりましたから、30代というと、家庭を持ったばかりだったり、第一子が生まれたばかりだったりで、家族のために、これまで以上に頑張って働こうと意欲に燃えている年代といえるかもしれません。

厚生労働省の統計によれば、薬剤師の平均年収は、500万円前後だそうです。これは、あくまでも、薬剤師全体の平均ですので、30代のみにフォーカスしてみてみると数字が変わってきます。30代の薬剤師の平均年収は、550万円くらいだそうです。20代の頃にくらべ、だいぶ、昇給しているようです。

薬剤師における、いわゆる昇進といえば、管理薬剤師になることかと思いますが、管理薬剤師には、早ければ、20代後半で任される薬剤師もいるようです。管理薬剤師になると、基本給のほかに、手当などがつき、お給料を大幅アップすることができます。

30代の薬剤師のお給料に限ったことではありませんが、病院よりも調剤薬局、調剤薬局よりもドラッグストアや製薬会社といった具合に、薬剤師のお給料は、その働く場所によって、随分と差があるようです。

ところで薬剤師は、女性に大変人気のある職業です。薬剤師の約6割が、女性であるといわれています。薬剤師に女性が多い理由としては、国家資格を持った専門職であるため、結婚や出産などのライフスタイルの変化で一度家庭に入っても再就職がしやすかったり、逆に、結婚や出産をしても、辞めずに続けていかれるといったことが挙げられるのではないでしょうか。

勤務先にもよりますが、例えば、調剤薬局などの場合、残業もほとんどなく、また、比較的ゆっくりしたペースで働けますので、小さい子供を持つ女性薬剤師にとっては、大変働きやすい職場となるのではないでしょうか。

一般的に、男性よりも女性の方がお給料が低いのが世の常です。大手企業などでは、軒並み、女性の賃金上昇率は男性のそれに比べてはるかに低いです。それは、薬剤師にも当てはまります。薬剤師の給与水準はあまり高くないと言われておりますが、平均年収が低くでてしまうのは、女性が多いということも関係があるでしょう。特に、30代は、結婚、出産などと、女性のライフスタイルが一番大きく変わる年代ですので、女性薬剤師の退職やパートタイムへの切り替えなどで、平均年収が下がってしまうのでしょうね。

薬剤師転職サイトには高給料求人が豊富!お勧めはコレ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら