20代の薬剤師給料

20代の薬剤師は給料どれくらい貰ってるのか!?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師といえば、かつては、4年制大学の薬学部で学んで取得する資格でしたが、2006年からは、医師や歯科医師同様、6年制大学の薬学部を卒業しなければ、薬剤師国家試験を受けられなくなりました。

6年制となると、ストレートで卒業し、国家試験に受かったとしても、薬剤師として就職するときには25歳。20代の半ばになっているわけですが、新卒の薬剤師の初任給や年収は、20代全体の平均年収と比べてどうなのでしょうか。

一般的に、20代前半の平均年収は250万円程度、20代後半の平均年収は330万円程度だそうです。例えば、4年制大学卒の初任給は、20万円前後ですが、入社して2年、目3年目には、もちろんその企業の給与水準にもよりますが、25万円くらいにまで昇級することが多いです。では、新卒の薬剤師の場合はどうでしょうか?日本病院薬剤師会の報告によれば、6年制の大学の薬学部を卒業した薬剤師の公務員の初任給は、208,000円と決定したとのことでした。なぜ今決定するのかといえば、冒頭で述べたように、6年制大学の薬学部が設立されたのが2006年ですので、2010年、2011年は、6年制大学の薬学部に卒業生はいません。2012年は、6年制の薬科大学の一期生の卒業の年でした。

この208,000円というのは、公務員の初任給はではありますが、民間の病院なども、概ねこの基準に則って、賃金を決定します。先にも述べたように、大卒の入社2年目、3年目の社員は昇級していますので、同じ年代でも、一般企業等に勤務する学部卒の平均年収の方が若干高くなるのではないでしょうか。

6年制大学の薬学部を卒業するということは、理系の大学院の修士課程を修了するのと、同じで扱いであっていいように思いますので、次に、理系の大学院を卒業した場合の初任給と比較してみたいと思います。厚生労働省の統計によれば、大学院修士課程を修了した場合の初任給は、およそ23万円とのことです。ここにおいてもやはり、薬剤師の初任給はの方が、若干低いと言えるようです。

これまで、公務員の俸給を基準に薬剤師の初任給について比較してきましたが、ドラッグストアなども含めた、20代の薬剤師全体の平均年収は、400万円前後だそうです。一番最初に述べた20代前半と後半の平均年収年収から鑑みれば、20代全体の平均年収は、300万円くらいと考えられますので、薬剤師全体の20代の平均年収は、かなり高めであると言えるでしょう。

20代でも転職サイト使えば、給料アップの転職はできます!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら