10年目の薬剤師給料

10年目の薬剤師の給料相場

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師も10年のキャリアを積んでいると年収相場にもかなりの個人差が出てきます。年齢にすると30代後半に差し掛かる時期、薬剤師としてだけでなく社会人として成熟段階に入る頃ですから、それまでにどういった職場で経験を積み重ねてきたかどうかによってその後のキャリアにも大きな差が出てくることになります。

ですから、10年目の薬剤師の給料相場をデータにするのは困難です。高収入なら1000万円を超えているケースもありますし、400万円台に留まっているケースもあるからです。それを踏まえたうえであえて給料相場を出してみると550万〜600万円くらいの間といったところでしょうか。薬剤師の平均年収といわれる530万円を超えることが多くなる時期でもあります。

全体の給料相場を見てもあまり参考にならないことから、職種別などより詳しく見ていく必要があります。先ほど年収1000万円を越えるケースもあると書きましたが、製薬会社の研究職やMRといった職種では十分にチャンスがあります。研究職の場合は30代で年収800万円程度が一般的な給料相場といわれており、キャリアや成果次第では30代後半で1000万円に届くこともありうるのです。MRの場合はさらに平均年収が高いため大手の製薬会社なら1000万円を超えることはよく見られます。ただし、MRは成果主義が導入されているところが多いので個人差や収入に上下動が見られるのが大きな特徴です。

一方調剤薬局やドラッグストアの場合はそろそろ昇給が頭打ちになってくる時期です。転職を経ずに同じ職場で順調にキャリアを重ね続けてきた場合でも10年目くらいになると昇給のペースが鈍くなり、ほとんどアップしなくなってしまうケースが増えてきます。調剤薬局の場合、20代で就職した際には年収400万円程度、30歳までに500万円に到達するのが一般的ですが、その後は最終的に600万円未満に留まることが多いため、30代後半くらいが昇給の限界となるのです。

そのため調剤薬局やドラッグストアで今後年収アップを期待する場合には管理薬剤師や薬局長、店長といったポストに就けるかどうかがポイントです。一部の例外を除けば年収600万円を超えたい場合にはこうしたポストに就くことが必須といってもよいでしょう。ドラッグストアの場合、店長になって業績アップを実現すれば700万円を超える可能性も十分にありますし、薬局チェーン店ならエリア長、さらに本店で経営に携わるといったルートも開けます。

このように、10年目の薬剤師の給料相場はひとりひとりがどういった職場でキャリアを積んできたでバラつきがでるためなかなか難しい面もあるのです。

薬剤師転職サイトには高給料求人が豊富!お勧めはコレ!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら