薬剤師で年収1000万の給料

薬剤師で年収1000万円の給料は可能なのか?

薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師になるためには、6年制大学の薬学部を卒業しなければいけません。6年制大学の薬学部を卒業するまでにかかる費用は、私立の大学約1,300万円。4年制大学の薬学部の1.5倍にも値します。4年制大学の薬学部も健在ですが、薬剤師の国家試験の受験資格を得るためには、6年制大学の薬学部の課程を修了することが必須条件です。

ところで、厚生労働省の統計によれば、薬剤師の平均年収は約500万円前後とのことです。同じように6年制の課程を修了しなければ免許を取得できない医師の平均年収は約1,200万円前後と大きく差があります。医師と薬剤師とでは、その職務に大きな違いがあり、単純に比較できるものではありませんが、同じように6年間勉強する医療従事者として、薬剤師の年収が、医師のように1,000万円を超えることは本当にないのでしょうか?

薬剤師の給与は、その勤務先によって、本当に様々です。薬剤師の勤務先というと、真っ先に思い浮かぶのは病院や調剤薬局かと思いますが、残念ながら、どちらも給与水準はさほど高くはなく、一般的に賃金カーブがピークに達すると思われる30代後半や40代でも、年収は600万円前後が限界のようです。

それでは、製薬会社やドラッグストアはどうでしょうか?薬剤師の代表的な勤務先の中で、最も高い給与水準が見込まれるのが製薬会社です。一般的な大手のサラリーマンがそうであるように、大手の製薬会社であれば、40代で年収1,000万円を超えることは、さほど難しくはないでしょう。ドラッグストアに勤務する薬剤師もまた、比較的給与の面では恵まれているといわれています。例えば、業界最大手のマツモトキヨシの各役職の平均賃金モデルを例にとってみれば、薬剤師職の店長クラスで年収700万円くらい、課長クラスで年収1,100万円くらいです。製薬会社やドラッグストアであれば、薬剤師でも、年収1,000万円を超える給料を得ることは十分に可能だといえるでしょう。

ただ、製薬会社の場合は、薬剤師資格を活かせる職種というよりは、営業職であることがほとんどですし、ドラッグストアの場合も、薬の専門知識を最大限に活かせる仕事のみをするというよりは、役職がつけばつくほど、従業員の勤怠管理や顧客対応といった、店舗のマネージメントの要素が強くなっていきます。待遇と仕事内容との兼ね合いを十分に吟味して、薬剤師としてどういう風に働いていきたいのか?を自問していくことが重要なのかもしれませんね。

給料アップを目指すならこの薬剤師転職サイトがお勧め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師の詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師の詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリの詳細
ヤクジョブ申込みはこちら